お買いものツアー参加者の声


シューズを買うのにコツなんてあるのか?

シューズ選ぶのに何故料金払ってまで参加するのか?

 

「自己流お買いものツアー」を続けて、沢山の履けないシューズを増やすよりも、

シューズアドバイザー藤原が選ぶ「お買いものツアー」に参加して『 履けるシューズ 』を揃える機会にして欲しい

こんな思いもあって毎回参加者も限定し開催しています。

よろしければ下記の参加者の声を是非確認してみて下さい。

 

2013年4月からスタートしました”お買いものツアー”は、これまでに延べ【 460名 】が参加して下さいました。(2017年1月時点)ここでは参加した方の喜びの声をあげておきます。 

<参加者の声>2013年5月

Sさん(女性)

色々、ビックリする事があったのですが、一番ビックリしたのは、1.5㎝もオーバーサイズを履いていたことです。実は23㎝でいいんです(汗)しっかりサポートしてくれている気がします。

今までは大きいサイズを履いていたので、最初は少し暑い感じ、圧迫感を感じていましたが、今は包まれている感で気持ち良く履いています。

※3時間37分のベストを持つ方がビックリ。これでもっと楽に走れること間違いありません。後で知りましたが爪も毎回死んでいたようです。大き目の典型ですね。

<参加者の声>2013年5月

参加 Kさん (男性)

購入したシューズイイです!きのう12km走、指の痛みなく、1キロ4分25秒までビルドアップ。最後までフィット感を保ってくれました。現状、替えがないのが難点です。いままでのシューズを履くと、いかに泳いでロスしていたかがわかります。足、ヒザに謝りたいキモチでいっぱいです。

※今までは27.5cmがベストとお考えでしたが、実測値から今回26.5cmにサイズダウンしてパフォーマンスが上がったようです!

<参加者の声>2013年6月

Tさん(女性)

膝の痛みもなくなりとても好調です。インターバル用のアシックスのシューズはまだ試していませんが・・・これから楽しみです。

Kさん(男性)

今日新しいシューズで山中湖16km走りましたよー。履き心地がいいし、膝の痛みも少なかったです!ありがとうございます(^^)

※お二人とも膝の痛みに悩まされていましたが、問題はシューズ選びとその使い分けにありました。帰りの12Kから痛みがなくなっていたようですよ。 

 <参加者の声>2013年11月

Oさん(女性)

気にいったシューズが購入できて、ますます走ることへの意欲が湧いてきました。ありがとうございました。」

Kさん(女性) 

「週末また走ってみます。楽しみです。選んでもらったぴったりフィットしたシューズで帰ってきたので、翌朝の会社に行く時の革靴が妙にブカブカに感じました!」

※フィット感がリセットされるとサイズへの判断が簡単になります。今までは全く問題に感じなかったのに、持っているシューズが大きく感じてしまうのもよくあることです。

<参加者の声>2013年12月

Mさん(男性) 

「シューズが軽く感じた。今までフィットということが分かってなかった。」

 Iさん(男性)

「今までもシューズを使いわけしたり、最大限気をつけていたつもりであったが、各メーカーでこんなに自分のサイズが違うのかというのは目からウロコであった」

 Kさん(男性)

「サイズを1センチも下げて、つま先が不安であったが、ラン12Kを走っても全く気にならない。むしろスムーズであった」 

<参加者の声>2013年12月

Yさん(男性)

1万円のエントリーモデルのシューズでこれだけ喜べるとは思いませんでした。帰りの電車は他の参加者の方と感動しながら盛り上がって帰りました! 

<参加者の声>2014年10月

Sさん(女性)

先日は大変大変お世話になりました。目から鱗の本当に有意義な時間となりましたこと心から感謝しております。新しいシューズでのラン、足がパンパンになりました(笑)。ですが、足先も膝も腰も全く痛くなく、これまたビックリ。また足がパンパンなのに、前に進もうとすることにもビックリ。もっと早く藤原アドバイザーに出会っていたら!と心から思いました。 

※那覇マラソンが初マラソンのSさん、つま先の爪のトラブルと腰痛に悩まされていました。シューズの使い分けとサイズ変更で良い報告が来ることを期待しています!

 <参加者の声>2015年4月

 Yさん(男性)

今日はありがとうございました。自分の今まではいていた靴があんなにあっていなかったなんて思いもしませんでした。明日から羽がついたように速く走れそうな気がします。

※ランニング歴の浅いYさん。どんどん力をつけてきましたが、シューズという道具の大切さを感じるには時間がかかってしまいました。(故障してから来るというパターンです残念…以前履いていたシューズ27.5cmと購入したシューズ26cm、1.5cmの差がそれを物語っています)今日感じたフィット感を基準にして頂ければ、シューズが武器となるでしょう!

<参加者の声>2015年6月

Yさん(男性)

おかげ様で自己ベストを出せました!まだタイムが伸びるか、不安でしたがベアフット使っての改善点があるとのご指摘でしたので、モチベーション上がってがんばれそうです! 

※以前お買いものツアーに参加されたYさん、マラソンで3時10分台の自己ベストを達成したとのこと、それもケガなく。うれしいですね。


<参加者の声>2015年10月

Fさん(女性) 今日はありがとうございました! シューズに種類があることも知りましたし、選び方も知り大変勉強になりました。

今の自分に合うシューズに出会えて良かったです! これからのランが楽しくなりそうです! ありがとうございました!

※シューズ難民卒業ですね(笑)

持ってきて頂いたシューズの裏を見た時「今日はやりがいがあるな!」と思いました(笑)

「このブランドしか合わない」という思い込みからのシューズ難民のFさん。

これからはシューズ良習慣を続けて頂いて楽しくランニングを続けてください。

<参加者の声>2016年3月

Kさん(女性)

自分の足のサイズと、外反母子・だんびろ・甲高なので今まで当たり前のように26.0cm か26.5cmの靴を履いていました。しかし実際は、25.0cmでOK。選び方をしらなかった。ただ外反母子にあたらないように大きいsizeを履いていた。目から鱗の体験でした! 色々なシューズを試し履きして自分の足にしっくりくるのを買いました。本当にありがとうございました。

さらに!2016年12月発売『ランナーズ2月号』で「シューズ特集:シューズ選びは奥深いから面白い!」の監修とそれぞれシューズ選びに悩む走歴の違う市民ランナー“シューズテスター6人”のシューズ選びを誌面で行ないました!!

 

お買いものツアーでお世話になっている、スーパーズポーツゼビオ錦糸町店にて実際にシューズ検診&選びを行いました。

 

誌面の都合上、伝えられない箇所もありましたが、ギリギリまでランナーズの編集やスタッフを悩ませるほど、細部にこだわり、納得のいく構成になりました。お声掛け頂いたのに、わがままで本当にすいませんでした・・・

 

これをきっかけに、シューズという武器の大切さを伝えられたら嬉しいです。

 

2016/12 

あなたの探し求めているシューズは、オーダー品なら実現するんでしょうか?

怪我をしているのに、やはりどこかでデザインを優先していませんか?

 

ランニングを始めた方で『ランニングを止めた理由』のトップは【 怪我 】とのことです。

シューズが無関係でしょうか?

ランニングの楽しみをこのまま続けるため、より深めていくため、シューズという道具への重要性を感じてください。

今あなたに起こっている多くの問題は、シューズのサイズが合っていないという簡単なことであるかもしれません。

 

シューズのお買いものは、ブラントを選びに行ってるわけはありません、

ましてや機能を選びに、デザインを選びに、行ってるわけでもありません。

 

あなたは“フィット感”を探しに行っているのです。